ベンチャーサポートを利用【安定した経営方法を大公開】

訪日客増加を活用する

スーツの人

チャンスは訪日客にある

政府が今後推進をしていくことを明確にしているのがインバウンドです。インバウンドとは、その国に訪れる外国人旅行客のことを指します。日本でいえば、訪日外国人のことがインバウンドを意味するところになります。2020年に東京オリンピックが開かれることもあり、そこを目指して、政府はインバウンドを活用した産業の活性化を押し進めています。日本は長く産業界を中心に経済を活性化しており、外国人の受け入れに抵抗感や整備がないことから、あまり積極的には行われていませんでした。近年、唯一黒字化し産業が伸びているのは観光業です。政府はビザの緩和や様々な施策をインバウンドに向けて打ち始めました。近年の円安傾向や、和食への認知拡大により、日本へ訪れたいという観光客は年々増加しています。今まで日本では当たり前だったものが、訪日外国人にとっては新鮮に映るものがあります。伝統工芸や伝統技術などこれまで日本ではどちらかというと埋もれてきていたものがあります。しかし、英語でのサポートや歴史的な背景の説明、体験をさせることの整備などを行うことで、新たなるビジネスチャンスが生まれるきっかけが存在するのです。元々日本の技術は、日本人が知らないだけで、海外で高い評価を受けているものがたくさんあります。訪日外国人の多くは、アジア圏の人が占めます。彼らはSNSでの情報発信に長けており、Facebook(中国では使用できないため、wechatなど)を使用し、日本での体験を発信していきます。それを見たつながりのある人たちがインバウンドとして日本に訪れてくるという連鎖が生まれています。インバウンドは、2020年までのトレンドとして続く、経済イベントです。アジア圏の人が興味を抱き、共有できる体験をメインにビジネスチャンスが広がっています。